QRコードの適用分野は何ですか?

what-are-the-application-areas-of-qr

大容量、高セキュリティ、広いエンコード範囲、高いデコード信頼性、誤り訂正の確かな能力、2次元コードの低コストという特性に基づいて、さまざまな読み取りアプリケーションを実現できます。 :モバイルリーダーアプリケーションは、携帯電話を使用して取引や電子決済のバウチャーとしてQRコードを保存することが多く、金融コスト、eコマース、個人消費で広く使用されています。グループ購入を使用します。電子訪問者、ポイントを交換します。

メインリーダーアプリケーション:携帯電話のメインリーダーアプリケーションは、QRコードを読み取るためのツールとしてリーダーソフトウェアがインストールされた携帯電話を使用します。カメラは、地域分析とビジネスロジックの実行のために、さまざまなメディア上のQRコード画像を読み取ります。主な読み取りアプリケーションは、主に広告、偽造防止、トレーサビリティであり、特定のアプリケーションには、オンライン写真、偽造防止、食品トレーサビリティ、ショッピング、規制(情報ナビゲーション、モバイルテスト、名刺認識、情報公開など)が含まれます。

モバイルQRコードのアプリケーションシナリオは広範であり、さまざまなアプリケーションには、卓越したパーソナライズ特性を備えた独自の使用シナリオと使用法があります。

1.メインリーダーアプリケーション(電話コードのキャプチャ)

(1)トレーサビリティ

グリーン食品生産は、品質認証局を持つ食品ごとに、食品にバーコードを割り当て、詳細、認証ステータスなどを入力します。消費者が食品を購入する際には、コードをスキャンしたり、携帯電話でテキストメッセージを送信したりすることで、いつでもどこでも製品認証の状況やその他の情報を問い合わせて、顧客に報告することができます。

(2)偽造防止:

2次元コードは、請求書、証明書、および高価値製品に印刷され、顧客の読み取りと、情報ベースの偽造防止アプリケーションであるコードビハインド検証システムによって補完されます。形成することができます。顧客は、そのようなアプリケーションでQRコードを識別した後、コード検証システムで事前に生成された請求書または製品情報を取得できます。この情報を実際のオブジェクトと比較することで、モノの信憑性を検証できます。

(3)広告メディア

広告メディアの販売者は、雑誌、新聞、パンフレット、屋外広告のWebサイトアドレスを含むQRコードを印刷します。ユーザーは、携帯電話にインストールされているQRコードリーダーアプリをスキャンすることで、販売者のWebサイトにすばやくアクセスできます。それはビジネスと潜在的なユーザーの間の相互作用を強化し、広告に含まれる情報を充実させます。

(4)電子名刺

企業が紙の名刺を印刷する場合、名前、連絡先情報、電子メール、住所などを含むQRコード画像を名刺に印刷します。名刺を受け取ったユーザーは、モバイルアプリを使用して名刺のQRコードを読み取ることができ、QRコードに含まれる情報を携帯電話の名簿に保存できます。

(5)トレインショッピング

巨大な印刷広告では、人気のある製品が棚として表示され、必要なテキストの説明が追加されます。ユーザーが必要な製品を見つけたとします。その場合、彼は携帯電話を使用してコードを取得し、注文ページに直接移動して、少量の情報(ショッピングアイテムの数量など)などを入力することができます。その後、注文は次のようになります。完了し、ユーザーがインターネットでこの製品を再度検索する必要がなくなりました。

2.申請書を読む(電子バウチャー)

(1)ポイントの交換

 償還とは、会社が会員の携帯電話の宛先で利用した商品またはサービスを双方向コード電子証明書の形式で送信し、会員が双方向コード証明書を指定場所に送信して商品を買い戻したりサービスを楽しんだりすることを意味します。電子ポイントの引き換えは、より便利で効率的な顧客フィードバックエクスペリエンスを提供し、ロジスティクスと倉庫のコストを節約し、企業に正確な決済データを提供します。

(2)共同購入

共同購入サイトと共同購入サイトでは、商品やサービスを販売するための購入証明書としてQRコードを導入しています。消費者はオンラインで支払いを行った後、QRコード付きのショッピング証明書を携帯電話に送信します。消費者は、QRコード証明書を直接使用して、そのような商品またはサービスを消費する商品またはサービスを販売する商人に行くことができます。

(3)電子VIP会員証

法人のお客様は、会員にQRコードSMSMMS会員証を発行します。メンバーは、携帯電話に保存されているSMS MMS QRコードを使用して、特定の場所でメンバーシップサービスを楽しむことができます。

(4)電子チケットの消費者

モバイルインターネットや電話などで予約できます。発券リクエストが有効になったら、SMSQRコードとMMSを使用して消費者の携帯電話にeチケットを送信します。 QR。 eチケットコードでチケットを確認して会場に入ることができます。

(5)電子ログイン

電子バウチャーは、携帯電話の二次元コードを使用してログイン確認を行う会議システムです。ビジネスユーザーは、参加者の基本情報をシステムに追加するだけで済みます。プラットフォーム管理者は参加者の携帯電話にQRコードを送信し、参加者は携帯電話のQRコードを使用してログインできます。電子バウチャーのログイン方法は便利、高速、安全、信頼性が高く、参加者の管理に役立ちます。データ。

人々のコメント

    コメントを残す

    QRコードプロになる

    完全なカスタマイズ、追跡などを備えたさまざまなQRコードソリューション
    無料でお試しください